Blog

皆様にとって身近な話題を中心にお届けいたします

法律的な内容から日々の出来事まで多彩な記事が満載です

帯広市をはじめ十勝地方で司法書士によるサポートを希望される方は、生前対策から相続手続きまでの幅広いサービスについて多角度からご紹介するコラム記事をご覧ください。日々の出来事やオフィスの風景、直近のご相談事例、法律の解釈や適用事例、最近の変更点などの多岐に亘る内容がご好評いただいております。

ご相談者様一人ひとりのお気持ちに寄り添う手厚いサポート体制と、様々な事例に対応してきた豊富な実務経験によりご期待にお応えしてまいります。

  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/31
     広大地とは、その土地のエリアの標準的な宅地の地積に対して 著しく地積が広大な宅地のことをいいます。 広大地に該当すれば、評価額を下げることができます。広い宅地を売却するためには、宅地を...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/30
     小規模宅地等の特例とは、  被相続人が事業の用または居住の用に供されていた宅地などのうち一定のものがある場合には、  その宅地などのうち一定の面積までの部分について、相続税評価額を減額す...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/29
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/28
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/27
     小規模宅地等の特例とは、  被相続人が事業の用または居住の用に供されていた宅地などのうち一定のものがある場合には、  その宅地などのうち一定の面積までの部分について、相続税評価額を減額す...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/26
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/25
      小規模宅地等の特例とは、  被相続人が事業の用または居住の用に供されていた宅地などのうち一定のものがある場合には、  その宅地などのうち一定の面積までの部分について、相続税評価額を減額...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/24
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/23
      小規模宅地等の特例とは、  被相続人が事業の用または居住の用に供されていた宅地などのうち一定のものがある場合には、  その宅地などのうち一定の面積までの部分について、相続税評価額を減額...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/22
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/21
    特定事業用宅地等とは、 相続開始の直前において被相続人等の事業 (不動産貸付業、駐車場業、自転車駐車場業および準事業を除く。)をしていた宅地等で、 被相続人の親族が相続または遺贈により取...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(10...

    2022/08/20
    前回ご紹介した「小規模宅地等の特例」について、もう少しお話します。小規模宅地等の特例とは、被相続人が事業の用または居住の用に供されていた宅地などのうち一定のものがある場合には、その宅地な...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(99...

    2022/08/19
    マンションの場合は専有面積が同じ間取りであれば、固定資産税は面積だけを基準に評価されるため、1階でも高層階でも相続税評価は同じです。ところが、実勢価格は異なり、1階と高層階、特に最上階で...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/18
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(98...

    2022/08/17
     土地の一部が崖になっているような宅地は、 通常の用途に使用することができる宅地に比べ減価があると認めら、 がけ地補正を行います。  『がけ地補正率』が適用されるがけ地などを有する宅地と...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/16
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(97...

    2022/08/15
     実際の土地は、間口(道路と土地が接している部分)が狭い、  土地の形がいびつ、道路と接していない、  斜面(崖)が含まれている場合があります。土地の一部が崖になっているような宅地は、通常...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/14
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(96...

    2022/08/13
     宅地として適した四角形の土地と比較して、いびつな形の土地を「不整形地」といいます。 不整形地は「不整形地補正率」を乗じて計算した価額により評価します。 不整形地の価額は、 奥行価格補正を...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(95...

    2022/08/12
     実際の土地は、間口(道路と土地が接している部分)が狭い、  土地の形がいびつ、道路と接していない、  斜面(崖)が含まれている場合があります。宅地として適した四角形の土地と比較して、いび...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(94...

    2022/08/11
     細い路地を通った先に奥まった土地を旗竿のような形をしている旗竿地🏁。 間口が2m以下の場合、その土地には新しく建物を建てることができません。 建築基準法では、建物を建てるには幅4m以上の...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(93...

    2022/08/10
     細い路地を通った先に奥まった土地を旗竿のような形をしている旗竿地🏁。 旗竿地は、道路に接していない場合や 道路に接していても建築法上認められた幅の間口が道路に接していない場合があります。...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(92...

    2022/08/09
    基本的に路線価方式や倍率方式で計算された評価額がそのまま適用されるわけではありません。実際の土地は、間口(道路と土地が接している部分)が狭い、土地の形がいびつ、道路と接していない、斜面(...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(91...

    2022/08/08
    【路線価方式の計式】 路線価 × 奥行価格補正率 × 土地の面積土地が2つ以上の道路に面している土地があった場合、 (細かい補正率の計算を別とすれば、)高い方の路線価で計算します。角地のよう...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/07
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(90...

    2022/08/06
    土地の評価額については「路線価方式」といい、 簡単な計算は 路線価 × 土地の面積 で行えますが、きれいな四角形をしている土地とは限りません。土地の奥行距離が長いまたは短いと、土地の利用度...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(89...

    2022/08/05
    不動産は「一物四価(五価)」といって、さまざまな価格が設定されています。相続税(贈与税も含む)の評価額は、土地については「路線価」から算出されます。土地の評価額については「路線価方式」と...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/04
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(88...

    2022/08/03
    相続財産が自宅と預貯金のみの方が多いものです。相続財産である不動産の評価額が下がれば税率も下がり、結果的に相続税が下がります。では、相続税の不動産評価額を下げる方法はあるのでしょうか。そ...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化...

    2022/08/02
    相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます。・ 001375308.pdf (moj.go.jp)・ https://www.moj.go.jp/content/001362336.pdf ※法務省民事局より 義務化される相続登記は、 「相...
  • 十勝相続センター

    十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(87...

    2022/08/01
    遺言書とは、財産とその承継者(誰に、どの財産を、どれだけ相続(遺贈)させるのか)を記載し、法的な効力をもつ書類のことです。一般的な遺言書の種類としては、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証...

NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続財産の管理(44)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/12/06
  • 十勝相続センターのブログ : 相続財産の管理(43)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/12/05
  • 十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます【十勝を中心に相続の相談...

    query_builder 2022/12/04
  • 十勝相続センターのブログ : 相続財産の管理(42)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/12/03
  • 十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます【十勝を中心に相続の相談...

    query_builder 2022/12/02

CATEGORY

ARCHIVE

法律に関連したサービスを提供する専門家には弁護士や行政書士、税理士、司法書士などがいますので、「違いがわかりにくい」「私の悩みはどこに相談したらよいのだろうか」とお悩みの方がおられるかもしれません。特に、遺言や信託、後見制度や生前贈与、遺産分割などのプライベートでデリケートな問題については、機械的なアドバイスではなく「親身になって相談に乗ってくれる専門家を選びたい」とお考えになるに違いありません。

そうしたご期待にお応えするために、帯広市のオフィスにおいて十分に時間を確保してご相談を承っており、ご希望を最大限反映した解決プランをわかりやすくご提示いたします。多彩なサービスの詳細やご依頼までの流れ、オフィスやスタッフの雰囲気などの「イメージを膨らませたい」と希望される方にとってお役に立つコラム記事を定期的にアップロードしております。