十勝相続センターのブログ : 死後事務委任契約⑦【十勝を中心に相続の相談を承っております】

query_builder 2021/11/28
生前対策


死後事務委任契約にて委任されることが多い

 お通夜や告別式、火葬、埋葬、葬式に関する事項について


納骨や永代供養について委任する場合は、

生前に、あなたと寺院との間で納骨・永代供養について

話し合いをすることをおすすめします。


長期にわたり金銭の支出を伴う法要については、

相続財産から支出することになるため、

相続人の中には費用を支出することを嫌がる場合もあります。


このような場合には、「信託」という手続きで実現が可能です。

信託契約によって、あなたの財産(信託財産)を管理する人(受託者)に譲渡し、

信託財産の使い道を「永代供養目的(信託目的)」に限定することができます。

受託者は、信託目的に従った管理・運用を行います。

永代供養の方法や期間についても、信託契約で定めておくことが可能です。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪

NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き(53)【十勝を中心に相続の相談を承ってお...

    query_builder 2022/01/22
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き(52)【十勝を中心に相続の相談を承ってお...

    query_builder 2022/01/21
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き(51)【十勝を中心に相続の相談を承ってお...

    query_builder 2022/01/20
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き㊿【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2022/01/19
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き㊾【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2022/01/18

CATEGORY

ARCHIVE