十勝相続センターのブログ : ペットを守るために⑩【十勝を中心に相続の相談を承っております】

query_builder 2021/10/30
生前対策


・委託者 → ペットの飼い主

・受託者 → ペットの飼育のための財産(信託財産)を預かり、管理する人
・受益者 → 実際にペットを飼育する人(ペット用の施設なども含む。)



委託者が病気などの理由でペットの飼育が困難になったとき、あるいは死亡したときに、

信託(ペット信託)開始事由が発生となり、初めて信託(ペット信託)が開始され、

受益者が新しい飼い主となりお世話します。


委託者に相続人がいる場合、

遺言を作成して、相続人に対して信託(ペット信)についてのことを遺言に残しておきましょう。
信託(ペット信託)にかかる費用は相続財産から差し引かれるため、

相続人と紛争が生じるおそれがあります。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き⑥【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2021/12/06
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き⑤【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2021/12/05
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き④【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2021/12/04
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き③【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2021/12/03
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き②【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2021/12/02

CATEGORY

ARCHIVE