十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(59)十勝を中心に相続の相談を承っております

query_builder 2022/06/30
相続

遺言書とは、財産とその承継者(誰に、どの財産を、どれだけ相続(遺贈)させるのか)を記載し、

法的な効力をもつ書類のことです。

一般的な遺言書の種類としては、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があげられます。



・自筆証書遺言

 

 『遺言事項』の種類について、主なものは次のとおりです。

 

  ⑼-2 遺言執行者の指定又は指定の委託


  遺言執行者は、遺言の内容を実行する者のことをいいます。



  遺言執行者を指定するかどうかは遺言者の自由です。

  ただし、遺言書に「推定相続人の廃除」や「認知」についての記載をした場合は、

  遺言執行者が必要となりますのでご注意ください。


      遺言執行者は、遺言者が遺言書で ⑴遺言執行人を指定する方法 または、

  ⑵遺言執行者の指定を第三者に委託し、その者に指定してもらう方法があります。


  遺言執行者がいない場合には、

  相続人全員が協力して遺言内容を実行することになります。
  相続人間の関係が悪い、遺言に納得がいかない相続人がいたりすると

  遺言内容の実行が難しくなってしまいますので、

  遺言執行者を指定しておくことをおすすめします。

  なお、利害関係人の申立てにより、家庭裁判所が遺言執行者を選任することができます。 


==============================================



  民法第1006条  遺言執行者の指定


  遺言者は、遺言で、一人又は数人の遺言執行者を指定し、

  又はその指定を第三者に委託することができる。


  2 遺言執行者の指定の委託を受けた者は、遅滞なく、

  その指定をして、これを相続人に通知しなければならない。


  3 遺言執行者の指定の委託を受けた者がその委託を辞そうとするときは、

  遅滞なくその旨を相続人に通知しなければならない。




  民法第1010条  遺言執行者の選任


  遺言執行者がないとき、又はなくなったときは、

  家庭裁判所は、利害関係人の請求によって、これを選任することができる。


==============================================



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(100)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/08/20
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(99)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/08/19
  • 十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます【十勝を中心に相続の相談...

    query_builder 2022/08/18
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(98)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/08/17
  • 十勝相続センターのブログ :相続登記の義務化は令和6年4月1日施行されます【十勝を中心に相続の相談...

    query_builder 2022/08/16

CATEGORY

ARCHIVE