十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(38)十勝を中心に相続の相談を承っております

query_builder 2022/06/02
相続

遺言書とは、財産とその承継者(誰に、どの財産を、どれだけ相続(遺贈)させるのかを記載し、

法的な効力をもつ書類のことです。

一般的な遺言書の種類としては、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言があげられます。



・自筆証書遺言

 

 自筆証書遺言は、紙(便箋など)とボールペンと封筒と印鑑があれば、

 いつでも手軽に書け、お金がかかりません。


 いつでも書けるということは、いつでも遺言書を訂正できます。

 遺言書は何度でも書き直しや修正ができます。

 一番新しい日付の遺言書が法的に効力を持つため、

 遺言書の日付(西暦でも和暦でも大丈夫です。「〇年〇月〇日」)の記載が必要なのです。


 遺言書を書いてから、財産の増減などがあった場合は、

 新しく遺言書を書きなすことをおすすめします。


 もちろん、遺言書に訂正する部分に押印をして、訂正することもできます。

 訂正方法を間違えると、その部分の遺言は無効になってしまうので注意が必要です。




次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(63)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/04
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(62)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/03
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(61)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/02
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(60)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/01
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(59)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/06/30

CATEGORY

ARCHIVE