十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(35)十勝を中心に相続の相談を承っております

query_builder 2022/05/29
相続


相続トラブルを未然に防ぐためには、『遺言書』を書くことです。

遺言書で、誰に、どの財産を、どれだけ相続(遺贈)させるのかを『書いて残す』ことが大切です。


③ 遺留分(最低限相続できる権利)を侵害しているケース では、

被相続人(亡くなった方)の意向で、相続人間のトラブルがもっとも発生しやすく、

遺言書の内容が遺留分を侵した分配になっていることです。


相続トラブルを避けるためにも、

遺留分を弁償できる額の資金を用意しておくか、

事前に相続人となる方と話し合いをして、遺留分を放棄してもらうしか

解決方法がないでしょう。


相続放棄をするという選択肢もありますが、

相続開始前から1年以内の贈与、

または遺留分を侵害することを知っていて行われた贈与に対して、

遺留侵害請求ができるため、相続放棄をしても、

遺留分を確保する必要があります。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪




十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(35)十勝を中心に相続の相談を承っております





NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(63)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/04
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(62)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/03
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(61)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/02
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(60)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/01
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(59)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/06/30

CATEGORY

ARCHIVE