十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(34)十勝を中心に相続の相談を承っております

query_builder 2022/05/28
相続


相続トラブルを未然に防ぐためには、『遺言書』を書くことです。

遺言書で、誰に、どの財産を、どれだけ相続(遺贈)させるのかを『書いて残す』ことが大切です。



② 特別受益を受けていたケース(相続人の中に、亡くなった方(被相続人)から

  生前贈与・遺贈を受けた方がいる場合、その相続人が受けた利益のこと。) では、

よく問題になるのが、多額の学費を援助してもらったり、住宅購入資金の援助を受けている場合です。


このように贈与(援助)を受けた相続人がいる場合、

何ももらっていない相続人にすれば不公平になります。

法定相続分を超えて過度に贈与(援助)を行うと、相続トラブルの原因になりやすのです。


相続トラブルを避けるため、

遺言書で「特定の相続人に生前贈与(学費や住宅購入資金を援助)した分、

残りの相続財産は他の相続人に不公平にならないように配分する」

などと書いておくことが必要です。


なお、特別受益は、相続人間の平等を維持するために、

被相続人から生前に受けた利益(贈与など)を相続財産の前渡しとみなし、

相続開始時の財産にその利益(贈与)分を加えたものを遺産分割の対象にします。

これを「特別受益の持ち戻し」といいます。


もし、特別受益の持ち戻しをしない、

つまりは「生前贈与した分は相続財産に含めない」とする場合も、

遺言書で意思表示をしておけば、特別受益の持ち戻しを免除することができます。


ただし、注意が必要なのは、

遺言書で特別受益の持ち戻しを免除することができたとしても、

他の相続人の遺留分を侵害することはできません!



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(63)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/04
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(62)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/03
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(61)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/02
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(60)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/01
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(59)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/06/30

CATEGORY

ARCHIVE