十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(32)十勝を中心に相続の相談を承っております

query_builder 2022/05/20
相続

相続トラブルを未然に防ぐためには、『遺言書』を書くことです。

遺言書があれば、法定相続分のとおり相続財産を分ける必要はありません。

(※ただし、遺留分を侵害する分割は除きます。)


法定相続分は法律で定められた遺産の分ける割合で、

相続財産を分割する際に遺言がなく、遺産の分ける割合で揉めた場合などに

一つの基準として用いられます。

相続人間で納得しているのであれば、法定相続分のとおりに分けなくてもよいのです。


遺言書の内容は、法定相続分より優先されるため、

遺言者は法定相続分にとらわれず、遺産の分配割合を考えることができます。


遺言書で、誰に、どの財産を、どれだけ相続(遺贈)させるのかを『書いて残す』ことが大切です。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪



NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(63)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/04
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(62)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/03
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(61)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/02
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(60)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/01
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(59)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/06/30

CATEGORY

ARCHIVE