十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(27)十勝を中心に相続の相談を承っております

query_builder 2022/05/15
相続

相続人が遺産分割に関して不満を感じるものとして、

② 特別受益を受けていたケース(相続人の中に、亡くなった方(被相続人)から

  生前贈与・遺贈を受けた方がいる場合、その相続人が受けた利益のこと。)です。


被相続人(亡くなった方)の生前に、

まとまった額の住宅購入資金を贈与してもらったり、

孫に対して高額の学費を援助してもらったりするときも、特別受益とみなされる場合があります。


たとえば、子が認知症などで介護が必要となった親の生活費を口座から引き出したりすると、

領収書などがない場合、そのお金は他の相続人から「特別受益」とみなされる恐れがあります。

つまり、親のためではなく、自分のためにお金を使ったのではないかと

他の相続人から疑われやすいということです。


かわいい子や孫のために資金を援助したり、生前贈与を行う際には、

相続人間の公平感を考え、自ら相続トラブルの火種を撒かないよう対策が必要です。

特定の相続人に利益をぞ贈与した場合には、

その利益分を相続財産に含めておくこと、

贈与として財産を分けたことを遺言に残しておくことをおすすめします。


また、契約書やメモ、日記、メールの履歴など、贈与したことがわかるもの、
預金口座の取引明細や通帳、銀行の振込用紙控えなど、金銭をやり取りした事実がわかるもの、
特別受益の価額を証明するもの(不動産に関する資料や学費を拠出した際の領収書など)を

残しておくことも重要です。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(64)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/05
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(63)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/04
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(62)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/03
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(61)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/02
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(60)十勝を中心に相続の相談を承っております

    query_builder 2022/07/01

CATEGORY

ARCHIVE