十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(11)十勝を中心に相続の相談を承っております】

query_builder 2022/04/22
相続

一次相続を受けた配偶者が亡くなると、

その配偶者が受けた財産を、相続人である子が二次相続し、

一次相続の財産に対して相続税がかかることになります。


二次相続は配偶者自身が被相続人になるため、

「配偶者の税額軽減」の特例は適用されません。


さらに法定相続人が1名減ることで、基礎控除額が減少し、

二次相続で課税される可能性が高くなります。


相続税上の不動産評価額が高い場合は、多額の相続税が発生することがあります。

相続財産に被相続人が居住していた土地が含まれる場合、

土地の評価額を減額する制度も存在します。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(30)十勝を中心に相続の相談を承っております】

    query_builder 2022/05/18
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(29)十勝を中心に相続の相談を承っております】

    query_builder 2022/05/17
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(28)十勝を中心に相続の相談を承っております】

    query_builder 2022/05/16
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(27)十勝を中心に相続の相談を承っております】

    query_builder 2022/05/15
  • 十勝相続センターのブログ : 相続と不動産(26)十勝を中心に相続の相談を承っております】

    query_builder 2022/05/14

CATEGORY

ARCHIVE