十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き⑳【十勝を中心に相続の相談を承っております】

query_builder 2021/12/20
相続

確定申告が必要な方が亡くなった場合、

相続人(包括受遺者を含む。)は亡くなった方の代わりに

所得税の「準確定申告」を行う必要があります。


所得税は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得について計算し、

申告と納税をすることになっています。


しかし、年の中途で亡くなった方の場合は、

相続人(包括受遺者を含む。)が、

1月1日から死亡した日までに確定した所得金額及び税額を計算して、

相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内

申告と納税をしなければなりません。


確定申告をしなければならない人が

翌年の1月1日から確定申告期限(原則として翌年3月15日)までの間に

確定申告書を提出しないで死亡した場合、

前年分、本年分とも相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に

準確定申告が必要です。


また、相続人や包括受遺者が2人以上いる場合、

各相続人等が連署により準確定申告書を提出することになります。



次回へ続きます!


最後までお読みいただき、誠にありがとうございます(*'▽')♪


NEW

  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き(53)【十勝を中心に相続の相談を承ってお...

    query_builder 2022/01/22
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き(52)【十勝を中心に相続の相談を承ってお...

    query_builder 2022/01/21
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き(51)【十勝を中心に相続の相談を承ってお...

    query_builder 2022/01/20
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き㊿【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2022/01/19
  • 十勝相続センターのブログ : 身近な方が亡くなってからの手続き㊾【十勝を中心に相続の相談を承っており...

    query_builder 2022/01/18

CATEGORY

ARCHIVE